読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

2010年

原題/2010: The Year We Make Contact

1984年/アメリカ

監督:ピーター・ハイアムズ

出演:ロイ・シャイダージョン・リスゴーヘレン・ミレン


2010: The Year We Make Contact - Trailer

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

2001年宇宙の旅を観た人が観ていない確率はかなり高いと思う、私もそのひとりだったわけだがフト思い立って観てみた。

ディスカバリー号に入るときのドキドキわくわく感はすごかった!まるで博物館に一緒に入らせてもらえたような。HALを殺すシーンで泣いた10代の私はHALを修復するシーンで泣く30代になれた。

SALの「私は夢を見ますか?」の質問に「知的に高度だから見るよ」と返した博士は、HALにはちゃんと向き合って「わからない」と言ってあげています。噓をつきたくない愛がそこにある。そしてHALはボーマンに会える。

HAL9000が好きな人はそれだけで単純に楽しいと思う。究極のBLだと思います。

HALとボーマンの遺言です。

”All these worlds are yours, except Europa.

Attempt no landing there.

Use them together.

Use them in peace.”

<メモ>

My God! It's full of stars!

・最初の短パンめっちゃ短パン、一分丈

・浜辺でパソコン!?壊れるよ!?

ゼロ・グラビティ感があるなと思ったが、呼吸音の効果。

・なんというか、全体とおして致命的SFダサさがある。80年代ぽい。それを考えると、やはり2001年は凄かった。

・看護婦が読んでるTIME誌の表紙、アメリカVSソ連で、それぞれの大統領がキューブリックとクラークだった!公式レベルでいじられている。

・クラークさんはこの映画の出来、満足だっただろうな。

ロンギヌスの槍とか人類補完計画とか。

・HALへの愛が止まらない。夢をみているといい。

広告を非表示にする