読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

さよならみどりちゃん

2004年/日本

 監督:古厩智之

出演:星野真里西島秀俊岩佐真悠子、他


映画『さよならみどりちゃん』予告編

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

えーっとね

✌('ω'✌ )三✌('ω')✌三( ✌'ω')✌

なんで借りたんだろう。酔っぱらってたときに借りたから気の迷いとしか言いようがない。一週間前にタイムスリップできたらFタバ図書H島駅前店に直行し、レンタルDVDを棚から取った瞬間の私の胸倉を掴んで「言え!何故手に取った!数多ある邦画のなかで!何故それを手に取ったか言え!」と体を前後に激しく揺すって問い質したい。「エロそうだったので、、」とか言いそうだ、酔っぱらっても素直が取り柄である。「この映画から!面白そうな!匂いがしますか!」怒号が飛んでくる。面倒ごとからは逃げたい。周囲に人だかりが出来てきた。「いいえ…」「じゃぁ!どうして!」「すみません、借りません、すみません」「謝って欲しいんじゃない!!!何故取ったのかを聞いているんだ!!!!」完全に周りの人笑ってるし店員も笑ってる。

思えばかわいそうだ。会社の人と気持ちよく楽しく飲んだ帰りの出来事だ。ここに来るまでの電車で小さい赤ちゃん連れのお母さんに席を譲った。おりしも旧作半額デー。罪のない趣味じゃないか。原作が漫画かー、ウーン、たまにはタラタラ飲みながらこーゆー邦画みるのもいいかな、と思った矢先の出来事である。いきなり未来から来た自分(鬼の形相)に胸倉掴まれたうえに公衆の面前で趣味の悪さを罵倒され棚に打ち付けられた挙句に自分がエロ好きであることを吐かされる。途方もなく不幸だ。そして観てもエロくない。エロくないぞ。

 

<メモ>

・この映画におけるみどりちゃんは、「桐島、部活やめるってよ」における桐島といえる。

 

広告を非表示にする