読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

新・猿の惑星

原題/Escape from the Planet of the Apes

1971年/アメリカ

監督:ドン・テイラー(脚本/ポール・デーン)

出演:リカルド・モンタルバン、ナタリー・トランディー、ブラッドフォード・ディルマン、ほか

f:id:hidali_kiki:20170327210824j:plain

ーーーーーーーーーーーーーーーー

シリーズ三作目。失礼なんだけども、期待が低かっただけに面白かったです。

まず、始まり方がワクワクする(今更ながらPlanet of apesのタイトルロゴは奇跡的にかっこいいですね!)。そして1・2作目と大きく違うのが音楽で、なんていうか現代に近づいたぞ!という印象。ストーリーとしては1作めの鏡の世界のような感じで、単純明快でありコメディタッチな部分もあり、もちろんこのシリーズを通した批評精神というかシリアスな問題(今作ではウーマン・リブや政治、動物実験、環境汚染問題だろうか)を描きながら、ラストは希望を感じるものだった。

序盤はふたりの新婚旅行をみているような心持ちがした。たのしそうなふたりを観てなんとなく空しいような、かなしいきもちになった。ふたりにとっては遥か過去の地球。オーダーメイドのスーツを作って、ドレスを着せてもらって、お酒を飲んで良いホテルに泊まって、泡風呂に入って笑っているジーラ。滑稽でかわいいと思い、そう思った自分に自己嫌悪する。ルイスとスティービー(人間版のコーネリアスとジーラ)も同じきもちになったに違いないので、おそらく狙った表現だろう。

街を見学するシーンがあるのだけども、70年代のアメリカの街やファッションや人々が映し出されていることも単純に史実として興味深かった。

話を聞くに紆余曲折あってジーラとコーネリアス宇宙旅行してきたんだろうけど、その旅の過程もみたい。

しかし…1年ごとにこの作品たちを公開していった当時のハリウッドは凄いです。

 

猿の惑星シリーズの時系列です。「1作めはなんかラストに自由の女神が出てきて地球じゃんって気づくっぽい」くらいしかストーリーの知識がなかったので、あまり調べずに続編を観ていくのは楽しいです。けど下の図を理解できるか自信はございません。

f:id:hidali_kiki:20170327230138j:plain

猿の惑星(1968年) ←Done!
②続・猿の惑星(1970年) ←Done!
③新・猿の惑星(1971年) ←Done!
猿の惑星・征服(1972年)
⑤最後の猿の惑星(1973年)
猿の惑星: 創世記(2011年)
猿の惑星: 新世紀(2014年)
猿の惑星:大戦紀(2017年公開予定)

 

 

広告を非表示にする