読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネットレンタルを使うことに

下記のエントリーでうだうだ書いた件でございますが、結局ネットレンタルを利用してみることに致しました。


このブログは金儲けのブログでも何でもないんですが結果として特定の企業を褒める文章を書きます。天使か。

使ったことがある・作品数が多そう、という理由でツタヤのサービスを使います。一ヶ月無料お試しというのがありまして、いまその期間なのですが、映画作品を観るのにお金を払わないという行為は非常に自分のなかで気持ち悪いというか、申し訳ないです。なので少し褒めます。ペイ・フォワード

しくみとしては、スマホアプリで借りたいやつリストをつくる→ツタヤの人がリストの上位2枚を送ってくれる→我が家のポストに到着→観たら郵便ポストに返却→返却確認したツタヤの人がまたリストの上位2枚を送ってくれる。という感じです。そして使うか不明ですがCDもあります。映画を観る時間が取れない平日のあいだにCD借りてすぐ返却すると、パフォーマンスがいいような気がしますね。いま心を込めずに書きましたが。パフォーマンスを上げてどうしたいんだ、お前は何と戦っているのだという気持ちが強いですが。

継続してみないとわからないですが、「リストの上位から」「2枚ずつ」という点がポイントであるように思います。つまりリストを空っぽにしてはいけないんですね。

返却~次のがくるまで数日ラグが発生するので、そこが週末にかぶったら冴えないなーとか悩んだりしたものの、作品数がFタバ図書H島駅前店と比較にならないほど充実しており、あらすじやレビューなどが充実していて探しやすいので使ってみます。それにコスト削減が目的ではないので、行きたい時はFタバに行けばいいやと考えています。

f:id:hidali_kiki:20170409154426j:plain

こんなにコンパクトなので、DMと間違えて捨てそうになりました。

ずっと観たかった作品がたくさんあるので、すでに観たいものリストが20行ぐらい溜まっています。

別に褒めてないですね。以上、天使のささやきでした。