A.I.

2001年/アメリカ

監督:スティーヴン・スピルバーグ

出演:ハーレイ・ジョエル・オスメント、フランシス・オコナー、ジュード・ロウ、ほか

f:id:hidali_kiki:20170411225903j:plain

ーーーーーーーーー

ロボの子がクマと冒険する映画。

これは、たぶん10代の頃にテレビで流れているのをちらっと観たことはあるはずなのですが、話の筋を追いながらじっくり観たのは初めてでした。観ていて「ん?よくわかんないけどまぁいいや」となる所が一箇所もない映画でした。子供もご老人も同じ筋を理解できるように作られていて、これはなかなかたくさんある事ではないですよね、と感動したんだけど日頃そういう映画を観ていない私の好みのせいかも知れない。

これはスタンリー・キューブリックスピルバーグに「CGがないと出来ないからタノム」と託したそう(というのは有名な話だけど、そんな言うほどすごいCGのシーン無かったような…)。車、車椅子などが三輪なのですが、シャイニングのオマージュだ!とやや興奮。序盤のあたり、7つの言葉を言う前くらいまでは特に陰影が強くて全体的にシャイニングぽい。

そして何よりクマっ子のテディが可愛い。この映画で一番良いのはクマっ子かもしれない。この頃はまぁまぁ天使であるオスメント君がおじさんになるのを知っている未来人こと私は、オスメント君が凍ってるシーンよりクマっ子が凍ってるとこで「あああ~~」と声が出ました。ぜひテディ目線のスピンオフ作品を出してほしい。

クマっ子かみのけ拾ってるなと思ったんだよ出してきたよ流石だよ!ていうかいまどこから出した!?ポケットみたいなとこあるの!?とヒートアップしました。それにしても最後のシーンはホロリ。ピノキオってどんな話だったけな、とんでもなく幸せなのにとんでもなく悲しい。こんな未来が来てほしいような絶対ゴメンなような。

観たいものはたくさんあるのでわざわざ観返すことは無さそうですが、自分に子供が出来たら「一回ぐらい観とき」って言いそうな映画です。

<メモ>

・「我々の祖先はチェスをする機械に驚愕したものだ」

・未来人の乗り物がすごい!

・ストーリーとは無関係に、SF好きはとんでもなく観ているだけで楽しい映画でした。

・↓このシャツほしいです。

f:id:hidali_kiki:20170411231530j:plain