彼女がその名を知らない鳥たち

2017年/日本 123min

監督:白石和彌

出演:蒼井優阿部サダヲ松坂桃李竹野内豊ほか

f:id:hidali_kiki:20171111000106j:plain f:id:hidali_kiki:20171111005134j:plain

好きな人のためなら何でもする人の映画。共依存の関係が輪廻になりおじさんもOLも女子高生もみんな泣く。おっぱいが巧みに映らない。蒼井優の関西弁が異様にうまい。

ーーーーーーーーーー

嫌なやつとか駄目なやつを演じる蒼井優がすごい好きで、そんな匂いがしたので観に行きました。

出だしのあたりが凄く良かったです。めちゃくちゃ汚い部屋で、蒼井優がデパートやレンタルDVD屋さんにネチネチとゴネまくるんですけど(暇なので)、ワガママな役柄の蒼井優蒼井優の良さがすごく出るというか、声が良いんですよね、観ていて好きです。

あらすじは

下品で貧相、金も地位もない15歳上の男・陣治と暮らす十和子は、8年前に別れた黒崎のことを忘れられずにいた。陣治に激しい嫌悪の念を抱きながらも、陣治の稼ぎのみで働きもせずに毎日を送っていた十和子は、黒崎に似た面影を持つ妻子ある水島と関係を持つ。ある日、十和子は家に訪ねてきた刑事から、黒崎が行方不明であることを告げられる。「十和子が幸せならそれでいい」と、日に何度も十和子に電話をかけ、さらには彼女を尾行するなど、異様なまでの執着を見せる陣治。黒崎の失踪に陣治が関係しているのではないかとの疑いを持った十和子は、その危険が水島にまでおよぶのではとないかと戦慄する。(映画.comより)

 という感じですが、こうやって文字で読むと緊迫感ていうか小難しい印象になりますが、そんなことはなかったです。笑えるシーンもあった。開始から1時間くらいは人間関係や起こった出来事がいまいち分からないまま展開するのですが、そのお陰でミステリ要素も意識したまま観ることが出来ました。

阿部サダヲが、ひたむきというか必死で真っ直ぐすぎて、そういう人が常に近くにいる状態の蒼井優の気持ちも分かって、なんかもうずっとツライ。最後までツライ。献身的とも違う、ある種我儘なんだろうと思う、でもそれってやっぱり愛だと思う。松坂桃李竹野内豊も、かる~い演技が良かった。いるいる、と思った。個人的には、こういう状況で蒼井優のような行動に出る事は、女性に多い一種の自傷行為だと思います。望んでやってるから、止めても無駄で。

最後がほんとに、自分は心にガンと来ました。あのあと出会いのシーンに戻るのは、やめておくれという感じ。

原作読んでないのですが、ビックリさせられたのが嬉しかったので、未読かつ全然調べず観に行って良かったです。

ーーーーーー

f:id:hidali_kiki:20171110212130j:image

「共感度0%」というフレーズが宣伝で使われていましたが、そんなことは無かったです。蒼井優の気持ちも阿部サダヲの気持ちも、とても共感できる(共感できることと、同じ行動をすることはまた別ですけど)。たぶん観た人けっこうそうだと思います。人間、共感しないと涙は出ないと思いますし、泣いてる50代くらいのおじさんを見て「いろいろあったんだろうなぁ」と(3.3)こんな顔で思いました。いまの私は、これは愛だと呼びたいです。

<メモ>

・ステーキ食ってるシーン、蒼井優が「あほか」というとこの顔がすごく可愛くて心に残った

・登場人物全員最低、とか書いてあったけど、個人的に一番生理的に嫌いだと思ったのは蒼井優の姉だった、具体的にどこって説明できないけれど。

きみのためなら死ねるっていう名作ゲームがDSであるんですけど、それ思い出しました。(゚∀゚)ラヴィ!