リロ・アンド・スティッチ2

2005年/アメリカ 68min 原題/Lilo&Stich2: Stitch has a glitch

監督:クリス・サンダース、ディーン・デュボア(制作:ウォルト・ディズニー・ピクチャーズ)

声の出演:ダコタ・ファニング、クリス・サンダース、ティア・カレルほか

f:id:hidali_kiki:20180108160003j:plain

ーーーーーーーーー

リロ・アンド・スティッチの続編。スティッチの体調が悪くなりがちな中、カウアイ島にあるエルヴィス・プレスリーゆかりの地を巡ったりフラダンスのコンテストに出たりする。VHS・DVDのみで発売。前作のリロ・アンド・スティッチとリロの声が変わっている。

破壊を目的として、ジャンバ博士の遺伝子実験により作成されたスティッチであったが、リロの家族=“オハナ”となり、リロに思いやりや優しさを教えてもらい、“いい子”として楽しくハワイで暮らしていた。

ところが、スティッチを試作品626として作成した際にジャンバが銀河連邦軍により連行され、スティッチの分子エネルギーが上手く補給されなかったために、体内の回路が異変を起こし、大暴れする“悪い子”に逆戻りをしてしまう。いい子に戻ろうと奮闘するスティッチ。

果たしてスティッチは再び“いい子”に戻れる事が出来るのだろうか?そして、スティッチの運命は…?

正式な続編映画だと思ってリロ・アンド・スティッチと一緒に借りたのですが、劇場公開作品ではなかったそうです。というかTVシリーズとか色々あるようで、スティッチの色違いみたいなのとか色々画像が見つかって頭がはてな

スティッチの悪い度が上がったり下がったりし、「スティッチ イイコニナル」とか言ってたり、なんか『ふーん』と思う瞬間がけっこう多かったです。必ずしも暴れる子イコール悪い子ではないだろう。

フラダンスのコンテストで、メガネの子が父親のお店を宣伝するのが面白かったです。それに対する先生のリアクションも面白かった。あの子、あれで優勝する気マンマンだったんだから謎だ。スティッチがだんだんハワイに慣れてるの丸出しなところと、スティッチってメチャメチャな重さという設定を無視してお姉ちゃんやリロが引きずってたりするところが可愛かったです。