脳内ニューヨーク

2008年/アメリカ 124分

原題:Synecdoche, New York

監督:チャーリー・カウフマン

出演:フィリップ・シーモア・ホフマンサマンサ・モートンミシェル・ウィリアムズキャサリン・キーナー、ほか

f:id:hidali_kiki:20180909193000j:plain f:id:hidali_kiki:20180909193008j:plain

体調がめちゃくちゃ悪いのに結構長生きする人の舞台の映画。好きな人と嫌いな人がパッキリ分かれそう。

ケイデン・コタードはニューヨークに住む劇作家。平凡だった彼の日常は、ある日を境に変わっていく。 額を切って病院へ行けば、原因不明の病気と診断され、家族からは、自分が演出した自信満々の舞台をけなされる。 夫婦仲も上手くいかず、遂には愛する妻と娘に捨てられてしまう。新しい恋人を作ろうとするも、優柔不断で逃げられて…。 そんな失敗続きで、人生に嫌気がさしていた彼の元に、マッカーサー・フェロー賞(別名“天才賞”)を受賞した知らせが届く。 大金と名誉を手に入れた彼は、人生をやり直そうとそのすべてを注ぎ込んだ、一世一代のプロジェクトを実行する。

 これはかなり面白かったです!!かなり好きな感じの映画。あんまり評価が高くないので、借りようかどうしようか半年ぐらい先延ばしにしていたのだけど早く観たらよかった。というより評価を調べてから観るのホントに辞めよう(でも見ちゃうけど)…。

チャーリー・カウフマン節炸裂というか、かなり『マルコヴィッチの穴』っぽい。しばらくしたら二作の記憶が混じりそう。

けっこう時間軸がわかりづらい上、登場人物がごちゃごちゃになる(覚えられてないうちに役者が現れるし意味不明)ので、機会があればもう一回観たい。ホントにかなり面白かった。人にはあまり勧めないですけど。

 

ctrl.hatenablog.jp