エル ELLE

2016年/フランス、ベルギー、ドイツ 130min

監督:ポール・バーボーベン

出演:イザベル・ユペール、クリスチャン・ベンケル、アンヌ・コンシニ、ロラン・ラフィット、アリス・イザーズほか

f:id:hidali_kiki:20180311015627j:plain

ーーーーーーーーーーーー

なんとも言えないエロチックサイコスリラー仕立てのヒューマン風映画。”ELLE”はフランス語で「彼女」。フィリップ・ディジャンさんの小説『Oh...』という小説が原作。

これはまじで Oh...

なんていうか...イザベル・ユペールこんな役ばっかりなのかよってツッコみたいような、なんか変な人間像で変な筋立て。どんなに賢い人でも、この映画のあらすじを頭悪くなく説明するの難しいだろうなって思いますが、頭が散らかってるので一応あらすじ書かせてもらいますと

【頭悪いあらすじ】

なんかゲーム会社の気の強い女社長が、白昼堂々自宅で強姦被害に遭うんだけどそのあと何も無かったかのようにお風呂入ったりしてて…警察にも行かないし、まぁ病院には行くんだけど、数日後にやっと数人の友達とのディナーで「そいえばさ」みたいな感じで打ち明けて…『え!?警察行きなよ』て言われるんだけど行かなくて…それは親が服役中の殺人犯だから警察嫌いみたいなとこもあって…で、スマホに非通知で着信あったりエロメールが来たりして…そんな時なのに社内ペッティングに興じたり双眼鏡でお向かいのご主人を盗み見ながらオナニーしたり…あとクリスマスパーティに元夫(肉体関係あり)とその彼女とか親友夫婦(嫁とも旦那とも肉体関係あり)とか招いて食事しながらお向かいのご主人とイチャついたり…で、会社で嫌われてるからか、なんか会社で作ってるゲームに雑コラされた動画がみんなに送信されるっていう嫌がらせ受けたり…

▼笑かす気しか感じない雑コラ

f:id:hidali_kiki:20180311015152j:image

でこの雑コラ作った犯人突き止めるんだけど、会社で犯人に「ペニス見せろ」って言って、じっくり見て、犯人じゃねぇなってんでこの話終わって、で色々あって結局強姦魔はここまでに出てきた人なんですけど、それ発覚してからも結構関係続けたり…あ、この間に服役中の父と、整形を繰り返す母(若い恋人あり)も死んで…でズルズル続いてた強姦魔も死んでっていうかやっつけて…あと何があったかな、あ、そんでこの女社長は息子がいるんですけど、息子はマックみたいなお店で働いてたけど車通勤できなくなったから辞めて、で嫁とのあいだの子どもが肌の色がちょっと違くない?2人の子だとしたらおかしくない?ていうのが前々からあるんだけどそれはまぁそれでモメてたけど何となくそれもまとまった感じになって、で結局最後親友と墓場でばったり会って、『一緒に住も☆』みたいなかんじで… ~Fin~

 説明下手くそだけど概ねこの通りなのがいけない。

息子の嫁役のアリス・イザーズさんが可愛くて、平均年齢が高い画面に登場するたび輝きを放っていて良かった。歯磨きできないときのミンティアのような清涼感だった。

家の感じが『隠された記憶』にそっくりで、これがフランスの「中の上の暮らしぶりテンプレ」なんだろうなと伝わってきて、そこは興味深かった。

▼『ピアニスト』のおばさん転職したのかな?ってくらい屈折ぷりが同じだった